Toggle

Information

梅松苑 ~1月5日~


新年明けましておめでとうございます。
三が日のお茶席の様子です。
お軸の代わりに、末広がりの形がおめでたい、出口王仁三郎聖師さまご揮毫の白扇がかけられました。
「神」と書かれています。
下には、真の花入れである「高砂」花入れに、神の招ぎ代である松と、根もとに西王母椿をそえて、新年を寿がせていただきました。(y)

その他のInformation

Return Top