Toggle

Information

東北から 〜3月11日〜


東日本大震災から8年目を迎え、本日は梅松苑のみろく殿で、東日本大震災犠牲者慰霊祭が執行されます。
あわせて本部からは、代表が東北現地へ出向し、大本宮城分苑と宮城、岩手の被災地での慰霊とご神水散布、祝詞奏上を行っています。
今日の「京都新聞」朝刊の一面トップには、仙台・荒浜海岸での宮城分苑の皆さまの祈りの様子が大きく写真で紹介されていました。もちろん大本の名前は出ていませんが、こうした姿が掲載されたことに大きな意義を感じます。
なお、本日のLINEニュースのトップでも使用されています。(a)

その他のInformation

Return Top