Toggle

Information

梅松苑 ~6月2日~

本日の月次祭のお茶席には、日出麿先生のお軸がかかりました。
若々しいエネルギッシュな筆です。
慈雨恵光。いつくしみの雨、めぐみの光。神さまの慈愛が降り注ぐようです。
落款の「親如児如」とあるのも、親の如く児の如く、というのが日出麿先生のやさしさを表していてぬくもりを感じます。
人類愛善会創立記念祭典ということで、人類愛善会のバッチ、宇宙紋章の最初のご用をなさった方が聖師さまからいただかれたお茶碗が床に荘られました(y)

その他のInformation

Return Top