聖地の風

梅松苑 ~1月12日~


9日の七草粥接待も終わり、年末年始の一連の行事がすんだ梅松苑。今日は穏やかな日曜日です。
玉水の小川の先端近くに白のワビスケが年末から純白の花をたくさんつけていましたが、だんだん少なくなりました。
かわりに、正門の角にある3メートルにもなりそうなピンクのワビスケの花が開き始めました。この木は沢山花が付くので暖かくなるまでずっと花が楽しめます。冬は花が無い無いといいつつも、こうして苑内でお茶花が頂けるのも三代さま四代さまが色々植えて下さったおかげだなーと、苑内の花を楽しんでいます。(y)

その他の聖地の風

Return Top