ニュース

鉢伏山・龍宮神社祭典(5月24日)

鉢伏山祭典祝詞奏上

 鉢伏山・龍宮神社祭典は、5月24日、斎主・森良秀祭務部長のもと執行された。例年2日に分けて行っていた祭典は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参拝者受け入れ中止の上、1日で行われた。

 鉢伏山祭典は、午前11時30分から、鉢伏山山上で執行された。祭典は祓式行事に続き、斎主が「鉢伏山祭典祝詞」「世界平安安全祈願祝詞」を奏上。玉串捧奠、斎主先達で神言奏上、讃美歌斉唱と続き、祭典を終了した。

 下山後、龍宮神社祭典は午後2時から、兵庫県美方郡香美町村岡区大笹の龍宮神社で執行された。祭典は祓式行事に続き、斎主が「龍宮神社祭典祝詞」を奏上。玉串捧奠に続き、神言奏上、基本宣伝歌を斉唱し祭典を終了した。
信徒はこちらから

Return Top