ニュース

天王平墓地春季合同祭典(3月20日)

斎主による「天王平墓地春季合同祭典祝詞」

3月20日午前11時から斎主・森良秀祭務部長のもと、京都府綾部市梅松苑の天王平・大本信徒共同墳前で天王平墓地春季合同祭典が執行された。この度の祭典は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、参拝の自粛をお願いした中での執行となった。祭典は祭員入場に続き、修祓。斎主による「天王平墓地春季合同祭典祝詞」に続き、玉串捧呈では、斎主、本部代表がそれぞれ玉串をささげた。次いで斎主先達で神言・讃美歌を斉唱し祭典を終了した。なお、祭典に先立ち、10時45分から奥都城礼拝が行われた。信徒はこちらから

Return Top