ニュース

田植祭(5月20日)

早乙女による田植え始め

5月20日、京都府亀岡市曽我部町穴太の大本神饌田で、苗を田に植え付けてから収穫するまでのご守護と五穀豊穣を祈願する田植祭が出口紅教主臨席、斎主・西尾常樹祭務課長のもと執行された。祭典では斎主により、「田植祭祝詞」が奏上された後、教主による田植始めの儀が行われた。祭典後には田植え始めとして、早乙女の手で早苗が植えられた。信徒はこちらから

Return Top