祭典諸行事では取材のため、参拝・参加者の写真およびビデオ撮影を行い、機関誌や大本のHP、YouTubeの「大本公式チャンネル」などにアップすることがあります。詳しくはこちら

神饌田抜穂式(9月9日)

斎主「抜穂式祝詞」奏上

 9月9日午前9時30分から、京都府亀岡市曽我部町穴太の大本神饌田で、出口紅大本教主ご臨席のもと抜穂式が行われた。
祭典では「抜穂式祝詞」が奏上され、教主による抜穂の儀の後、玉串捧奠。祭典後には小林龍雄本部長があいさつに立ち、参拝者が田に入り抜穂を行った。
収穫された稲穂は新穀として11月の大本開祖大祭などに供えられる。信徒はこちら