祭典諸行事では取材のため、参拝・参加者の写真およびビデオ撮影を行い、機関誌や大本のHP、YouTubeの「大本公式チャンネル」などにアップすることがあります。詳しくはこちら

沓島・冠島遥拝祭(7月8日)

 沓島・冠島(めしま・おしま)遥拝祭が7月8日、午前10時から斎主・成尾陽祭務部長のもと、京都府綾部市梅松苑の長生殿で執行された。(信徒はこちら)

<沓島・冠島>
沓島・冠島は舞鶴湾から北へ約三十キロ、若狭湾国定公園の海上に浮かぶ無人島。綾部市梅松苑からは東北(艮・うしとら)の方向にある。この両島は、三千年の永い歳月、この世をかげからご守護になった国祖・国常立尊(くにとこたちのみこと)さま(艮の金神)をはじめ、世に落ちておられた神々さまがお住まいされていた。また両島の間の海「竜宮海」は、竜宮の乙姫・玉依姫尊(たまよりひめのみこと)さまのお住まい所とされている。