祭典諸行事では取材のため、参拝・参加者の写真およびビデオ撮影を行い、機関誌や大本のHP、YouTubeの「大本公式チャンネル」などにアップすることがあります。詳しくはこちら

弥仙山金峰山神社祭典(4月28日)

 弥仙山金峰山(みせんざんきんぷせん)神社祭典が4月28日、斎主・成尾陽祭務部長のもと、京都府綾部市於与岐(およぎ)町の弥仙山山頂で執行された。
 祭典は午前11時より執行され、祓式行事に続き、斎主が「金峰山神社祭典祝詞」「世界平安安全祈願祝詞(新型コロナウイルス早期終息祈願含む)」を奏上。
 弥仙山祭典の後、中の宮(於成[おなり]神社)礼拝、麓の水分(みくまり)神社礼拝、於与岐八幡神社礼拝がそれぞれ現地で行われた。信徒はこちら

 綾部盆地の東北に位置する弥仙山は梅松苑から約20キロの場所にある標高664メートルの霊峰。山頂の金峰山神社には木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)がお祭りされ、中腹の中の宮(於成神社)には彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)が祭られている。
 金峰山神社は国常立尊(くにとこたちのみこと)さまが、舞鶴湾の沖合いにある沓島(めしま)から綾の聖地にお帰りになる途中、明治41年の節分の夜から約2年間ご滞在になった因縁深いお宮である。明治34年に出口なお開祖が「岩戸がくれ」を行い、それから世界が「暗がりの世」になり、明治36年旧4月28日に開祖、出口王仁三郎聖師、出口すみこ二代教主、出口直日三代教主がそろって参拝し、二度目の天の岩戸開きがなされ、明るい日の出の御代になったといわれる。