祭典諸行事では取材のため、参拝・参加者の写真およびビデオ撮影を行い、機関誌や大本のHP、YouTubeの「大本公式チャンネル」などにアップすることがあります。詳しくはこちら

四代教主毎年祭(21年)

斎主「四代教主毎年祭祝詞」奏上

 四代教主毎年祭は、4月21日、出口紅大本教主ご臨席のもと、京都府綾部市梅松苑・老松殿で感染症対策を講じた上で執行された。信徒はこちら

 出口聖子四代教主は草花をこよなく愛し、日本伝統文化を重んじ、信仰即生活即芸術の道を実践して大本の教風を高めた他、全国各地を巡回し、信徒と親しく言葉を交わし信仰の内面的充実を強く諭した。また、脳死・臓器移植や遺伝子組み換え作物などの生命倫理問題に警鐘を鳴らし続け、脳死・臓器移植反対活動では自ら街頭に立ち署名を呼び掛けるなど、積極的に活動を行った。