芸術文化活動

芸術文化活動

「美からの門戸」を開くために

新風を与えた明光社運動

聖師は「芸術は宗教の母なり」と説き、大本の中に文芸運動を幅広く推進しました。
昭和2年、聖師は短歌と俳句、冠句の文芸を主体とした明光社を発足させ、さらに文芸運動へと進めました。
聖師自ら和歌、俳句、冠句を詠み、水墨画や書の揮毫など多くの作品を発表したので、全国信徒はその影響を受けて明光社運動は大きく盛り上がっていきました。
さらに昭和10年、歌を献じて平和を祈る日本古来の祭典「大本歌祭」が聖地で開催されることによって、大本の芸術活動は一層幅広いものとなっていきました。
戦後、大本の再発足とともに芸術活動も楽天社と名を改め、大本神業の一つの大きな柱となりました。
今日の大本楽天社の活動は、明光社時代の文芸運動に加え、工芸、茶道、能楽、武道など幅広い活動が多くの信徒によって研さんされ、芸術を通してみ教えを学ぶ世界が広がっています。
特に、三代教主は、日本の伝統芸術を尊重し、みずから多方面の芸術に精進され、それを大本の教風に幅広く織り込みました。
そして「信仰即生活即芸術」の教風が全国信徒の中へ広がっていきました。

大本歌祭・作品展の広がり

事件後は歌祭が再開され、昭和25年から毎年、瑞生大祭の前夜に天恩郷で開催されています。
また、地方機関でも大本歌祭が積極的に開催されるまでになりました。 
特に近年に入って、平成13年には出雲大社、14年には瑞雲郷別院で歌祭が行われ、つづいて、15年に青森、16年に岡山、17年に北陸、18年に京都で歌祭が開催されました。
さらに、19年には、綾部でエスペラントによる大本歌祭が開催され、平成20年には、東京で多言語による大本歌祭を開催しました。

その後も、北海道(20年)、鳥取(21年)、島根・出雲(23年)、三重・香良洲神社(24年)、大阪・住吉大社(26年)、奈良・橿原神宮(27年)、兵庫・高砂神社(28年)と全国各地で続けられ、その間の平成22年には、ブラジルの首都ブラジリアと、ジャンジーラでも開催されています。

このように各地の「大本歌祭」によって神のみ光が世の中へ広がっています。

この歌祭とともに世間から注目を受けたのが、聖師をはじめ歴代教主・教主補のお作品展でした。
昭和47年に欧米6カ国・13会場を巡回した「大本海外作品展」では、総入場者数が25万人近くにのぼり絶賛されました。
そして、平成14年に「出口王仁三郎とその一門の作品展」が京都で開催され、大本の美、—宗教美—が一般の多くの人々に、さらに大きな感動と反響を与えました。
今後とも、教祖、教主・教主補の方々の作品が聖地をはじめ各地で公開され、多くの人々が、大本の美を通して神の光に触れていただくよう、大本の芸術文化を積極的に紹介し、世界の宗教・民族文化の相互理解と交流に努めます。

愛善歌

愛善歌は、昭和23年に、出口王仁三郎の作った歌を歌詞として、当時同志社大学付属中学校の音楽講師であった野村芳雄氏が作曲したことに始まり、その後現代にいたるまで、多くの曲が野村氏によって生み出されています。
歌詞は神さまのみ徳をたたえるもの、人生の生き方を示されたものなどで、聴くだけで心が清められ、正しく立派に生きる力が湧き上がってくる歌です。

Return Top