大本の祭神

大本の祭神

大本では、天地のありとあらゆるもの、全大宇宙を生み、育てられている、根本の独一真神(主神)をはじめ、大地を造り固められた祖神である国常立尊(くにとこたちのみこと)<厳霊>、豊雲野尊(とよくもぬのみこと)<瑞霊>、その他正しい神々を「大天主太神(おおもとすめおおみかみ)」と仰ぎ、おまつりしています。

大宇宙の創造主神とは、永遠に変わることなく、絶対の存在として実在するただ一柱のみご存在になる根本の真の神のことで、古事記ではこの神のことを天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)、大本では大国常立大神(おおくにとこたちのおおかみ)というご神名で尊称しています。

世界の各宗教ではこの主神のことを、ゴッド、エホバ、アラー、天、天帝などいろいろな名称で呼んでいます。

主神は、天地万物を司るために、幾百もの神々を生み出され、それぞれに役目を仰せ付けられ、世界を守り開かれています。

大本では、主神をはじめその正しい神々を総称して、「大天主太神(おおもとすめおおみかみ)」としておまつりしています。

なお、大本では主神とともに、主神の手足となって活動している多くの天使(かみがみ)を神さまとしてあわせておまつりし、各家の祖先の霊魂も丁重におまつりしています。

Return Top